【forAnalysis】自由記述(FA)内容の出力方法

自由記述(FA)内容の出力方法

自由記述(FA)とは

自由記述(FA:Free Answer)とは、文章で回答してもらう形式のことを言います。アンケート作成側が選択肢を用意する場合と異なり、回答者が自由に記述するため予想していなかった回答を得ることができる場合もあります。

自由記述(FA)内容の出力方法

①メインメニューの「FAリスト作成」タブを選択



②任意の「FAリスト」と「付加アイテム(属性情報や設問)」から出力したいアイテムを選ぶ

下向きの矢印ボタンをクリックすると「出力順」の欄に選択した項目が移動します。
例)FA内容を確認する際に年代も併せて確認したい場合は、「付加アイテム」より「GEN」を選びます。
  1. FAリスト…FAが設定された設問が表示される
  2. 付加アイテム…FAが設定されていない設問が表示される(回答者の属性情報も含む

③メインメニューの「ダウンロード」タブを選択し、該当のデータの「FAリスト」を押す

実行ボタンを押下すると、「ダウンロード」ページでデータが出力されます。
該当のデータの「FAリスト」を選択すると、.xlsx形式で保存ができます。


【アウトプット例】




    • Related Articles

    • 選択肢タイプ「数値入力」におけるGT集計表の確認方法

      「数値入力」は、回答者に半角数字を入力して回答してもらう設問タイプです。 GT(単純集計)表で確認すると、以下のような集計結果が出力されます。 ▼下記は集計表の項目の説明です。 全体:その設問に回答できる対象者の数 無回答:該当の記入欄に何も書いていない人の数 統計量母数:「全体」-「無回答」を引いた数 合計:回答した人の合計の数値 平均:合計÷全体 標準偏差:データのバラツキを示す一つの指標 最小値:記入欄に入力された数値で最も小さい数 最大値:記入欄に入力された数値で最も大きい数 ...
    • 無料集計ツール「forAnalysis」の機能一覧

      forAnalysisの概要 forAnalysis はオンラインでご利用いただける、アンケート集計用のシステムです。 アンケート集計に必要な機能は備えつつ、簡単な操作で GT 集計・クロス集計・レポート出力などをWeb上で行うことができます。 集計ツールの主な機能 GT集計(単純集計)表の作成 2重・3重クロス表の作成 自由回答(FA)リストの作成 新変数作成 アフターコーディング機能 ローデータ変換・出力 有意差検定 グラフ作成 レポート出力