特殊タグのご案内

特殊タグ(選択肢制御)のご案内

特殊タグとは

特殊タグとは、選択肢横に<>付で挿入する文言を指します。
特殊タグを入力する事で様々な制御が可能となります。

ご利用方法

【選択肢の入力】欄上に「must」「size」「fix」「ex」のボタンがございます。
ボタンを押すことで特殊タグが入力され、選択肢の制御をする事が可能です。



設置可能なタグの種類

排他タグ<ex>

複数選択タイプ(マルチ、マトリクスマルチ)において、特定の選択肢を選ぶと他の選択肢が選べなくなる設定を行うことが可能です。
排他を設定したい箇所に、「<ex>」と半角英字で入力します。
例)

自由記述欄タグ<size=n>

シングル、マルチタイプの選択肢に具体的な記入欄を追加することが可能です。
主に「その他」などの選択肢を設けた際に、内容を具体的に記入できるようになります。
選択肢の一番最後に、「<size=n>」と半角英数字で入力します。

※nは入力ボックスの横幅サイズを指定する任意の半角数字を入れます。
※通常は20~30、最大で60までに設定してください。
※50文字まで入力可能となります。
例)

固定タグ<fix>

選択肢のランダマイズの設定した際に、「その他」や「あてはまるものはない」など選択肢を固定することが可能です。
回答者が回答しやすくなるため、ランダマイズ機能を使用した場合は併用をお勧め致します。
選択肢の一番最後に、「<fix>」と半角英字で入力します。
例)

記入欄の入力必須タグ<must>

数値入力、フリー(小)、フリー(大)の記述式での回答形式の場合に、回答を必須にすることが可能です。
<size=n>タグの次に、「<must>」と半角英字で入力します。
例)

※nは入力ボックスの横幅サイズを指定する任意の半角数字を入れます。
※<must>を設定した入力欄を未記入で次に進もうとすると、「回答は必須です」というアラートが表示されます。

最小/最大値制御タグ<min><max>

数値入力タイプに限り、記入欄に入力される数字の上下限を制限する事が可能です。
既定では、<min=0><max=100>と設定されていますので、数値箇所を任意のものに設定下さい。
なお、こちらのタグを使用した場合は、設問文に「〇~〇の間で回答してください」等の制御した数値幅を注釈として記載ください。
選択肢の一番最後に下限は「<min=n>」、上限は「<max=n>」と半角英数字で入力します。

※nは入力される数字の上下限を指定する任意の半角数字を入れます。
例)

設定した数字を超えた場合、または設定した数字未満の場合は、「入力した数値が不適当です」というアラートが表示されます。

    • Related Articles

    • 設定可能な選択肢タイプのご案内

      Surveroidでは以下8つの選択肢タイプを設定できます。 ※「マトリクス両側」はアドバンストモードに該当します。 以下デモ画面にてご確認頂く事も可能です。 https://surveroid.jp/preview/?key=FASPsHvS7yY7t5H5 Q1~Q4:シングル(単一回答) Q5:マルチ(複数回答) Q6:マトリクスシングル Q7:マトリクスマルチ Q8:数値入力 Q9:フリー(小) Q10:フリー(大) 各選択肢タイプの設問カウントについては下記記事をご覧ください。 ...
    • 設問数の設定上限についてのご案内

      アンケート種別によって設問数の上限が異なります。 【スクリーニング調査】 対象者を絞り込むための調査につき、5問まで設定可能です。 基本属性設問を含めない、マトリクスタイプを使って質問をまとめるなど、5問以内になるよう調整してください。 (設問カウント上、5問を超過しても料金はレンジ通りの料金となります。) 【本調査】 設問数の上限はございません。
    • 設問上コメント・設問下コメントのご案内

      STEP2の「設問の設定」において、 「設問文の入力」と合わせて「設問上コメント」「設問下コメント」が入力できます。 それぞれ上記画像のように入力した場合、 実際の回答画面では以下のように表示されます。 設問文や選択肢に補足の記載事項がある際に、ぜひご利用ください。
    • 選択肢に自由記述(フリーアンサー)欄を付ける/回答必須にする方法

      特殊タグを使うと、選択肢に自由記述(フリーアンサー)欄を設置することできます。 自由記述欄が使えるシーン 「その他」という選択肢を設けた際に、その具体的な内容が何なのか知りたい。 ある選択肢を選択した理由も一緒に聞きたい。 自由記述欄の設定方法 選択肢の入力欄にて、「●●<size=40>」と入力する (選択肢入力欄の上にある「size」をクリックすると「<size=40>」が自動で生成できます。) 自由記述欄の回答を必須にする方法 ...
    • 特定の選択肢を選べないようにする方法

      特殊タグを使うと、特定の選択肢を選べないようにすることできます。 特定の選択肢を選べないようにする機能が使えるシーン ・複数回答可能な選択肢タイプ(マルチ、マトリクスマルチ)の時に、「あてはまるものはない」と他選択肢を同時に選んでほしくないとき。 ・矛盾回答を事前に防ぐことで、集計時が楽になる。 特定の選択肢を選べないようにする機能の設定方法 選択肢の入力欄にて、「●●<ex>」と入力する (選択肢入力欄の上にある「ex」をクリックすると「<ex>」が自動で生成できます。)