【forAnalysis】「重複したMIDがあります」エラーの対処法

「重複したMIDがあります」エラーの対処法

ローデータを加工して集計ツールに取り込み、「重複したMIDがあります」とエラー文が出て次に進めないときの対象法についてお伝えします。

MIDとは?エラー文の意味は?

MIDとは回答モニタごとに与えられたユニークなIDを指します。
モニターアンケートの場合、一度アンケートを回答すると再度回答することができない仕様となっておりますので、1つのローデータ内に同じMIDがあるとエラー文が出るようになっております。

対処法

「重複したMIDがあります」と表示された場合、重複しているMIDを割り出し、削除する必要があります。

削除方法

1.データ回収状況ページ→「ローデータ」をダウンロード

2.ローデータをExcelで開く

ローデータはテキスト形式(.txt)でダウンロードされるため、重複MIDの削除作業をする際はExcelで開く必要があります。

3.1行目(MID,DAY,SEX,AGE・・・)にフィルターを付ける

1行目を全選択し、下記のいずれかの方法でフィルターを付けます。
・[データ]>[フィルター]
・ショートカットキー【ctrl+shift+L】


4.B列に一列追加

関数を用いて重複チェックをするため、関数を入力する列を1列追加します。

5.A列目の「MID」を昇順にする

MID列(A列)のフィルターをクリックし、データを昇順にします。
※この作業をすることによって、MIDの数値を若い順に並び替えることができます。



6.B列に関数を入力する

重複IDを見つけ出すために、if関数を用います。
画像のように、「=IF(A1=A2,1,0)」と入力し、「B2のセルをコピー→全行に貼り付け」をします。(100行目までMIDがあった場合、100行目まで関数を貼り付ける)
関数の内容は、「上下の数値が同じだったら「1」を返し、違ったら「0」を返す。」という意味になります。



7.B列の関数結果を確認する

「1」が出ている箇所が重複(画像では、5行目と6行目が同じMID)となっていますので、行ごと削除して重複箇所をなくした上で、再度forAnalysisにアップロードをして下さい。
※フィルターを開き「1」だけを選択し、データを行ごと削除


▼行ごとの削除イメージ
 同じMIDが2つある場合:1つを行ごと削除
 同じMIDが3つある場合:2つを行ごと削除
 同じMIDが4つある場合:3つを行ごと削除




8.A列に重複データがないことを確認

9.ローデータに挿入したB列を削除

10.編集したシートををテキスト形式に保存

11.集計ツールにアクセスし、「ローデータ」と「対応表(レイアウト)」を取り込む